1126artwork

普遍性のあるセクシーを嫌がる日本人 – 第72回パート2

海外風俗で遊ぶことは、実はそんなに大変じゃない。
システムが守ってくれる国は安心。ドイツのFKKとか。
初心者こそFKKに行った方が良い。ただし…。
韓国は日本と同じような状況なので、あまり参考にはならない。
ラテンと一言で言うが、ラテンって何?
ルール優先と現場優先の差。
普遍性のあるセクシーを嫌がっているのが日本人。
「アトラクティブ」がキーワードかも。
ポンコツ係長さんからの質問。(15分頃)
ネットの情報と現場の違い。
英語圏の人が語ってる内容は、おおむね真実。
ロシアは、行ったどころかロシア語を勉強していた。
海外のローカル風俗について。
発展途上国の風俗は、外国人向けのお店の方がいい。
ポーランド風俗に突撃した話。
ウクライナは良い国です。
昼間の観光に関して。
工藤さんは観光しない。
海外先生も観光はしない。するならば女の子を確保してから。
1人行動が基本。工藤さんですら置いて行かれる。
タイと黒人の子と3P。
団体で海外風俗に行くなら、部屋は別。可能であればホテルも別がいい。
NIJINSKYさんの海外報告(40分頃)
下川島報告。
海外先生は中国に疎い。
ネパールに行きたい海外先生。

工藤さん地上波ラジオ出演告知 2015年1月 毎日曜日 20時台
RFラジオ日本・ぎふチャン(岐阜放送)
出演番組の情報はこちら

地球規模で風俗遊びをする海外先生の今後が垣間見える第72回パート2。
お時間がございましたら、最後までお付き合いくださいませ。

Play

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>